HOME > 月別: 2019年6月

その他のレシピ

2019.6.27

キクラゲとうずらの卵のカラフルピクルス

カラフルな一口サイズの食材は、ピックに刺すとお弁当やパーティーに最適です♪ 酢を白ワインビネガーに、水を白ワインに変えたり、赤唐辛子を加えるとお酒のおつまみに向く大人味のピクルスになります。 【材料】4人分 ・生キクラゲ       100g ・生シイタケ(小)    8個 ・塩ゆでしたブロッコリー 1/2株 ・きゅうり        1本 ・ミニトマト(赤・黄)  各4個 ・うずらの卵(水煮)   8個 【調味液】   ・お酢          300ml   ・水           300ml   ・砂糖          大さじ6   ・塩           小さじ4   ・ローリエ        2枚   ・黒胡椒(ホール)    10粒     【作り方】 1. 生キクラゲは湯通しして一口大に切ります。生シイタケは汚れを取り石突きを落とすします。 2. きゅうりは皮を縞目にむき、2cm長さの輪切りにします。ミニトマトはヘタを取り、竹串で3カ所に穴を空けておきます。 3. お好みの保存瓶に、(1)と(2)と、うずらの卵を入れます。 4. 鍋に【調味液】を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、砂糖が溶けたら保存瓶に注ぎます。 租熱が取れたらふたをして冷蔵庫で半日置き完成。 美容と健康に良い 『キクラゲ』 でビタミンD、食物繊維など手軽に摂取できるレシピをです(^^)/  

お肉レシピ

2019.6.21

茄子と牛肉のそうめん

簡単レシピでツルツルッとスタミナと栄養が補えます。 暑い夏に最適のレシピです! 材料【2人分】 ・牛切落し肉    100g ・なす       2個 ・そうめん     200g ・めんつゆ     適量 ・酒        大さじ1 ・醤油       大さじ1 ・砂糖       小さじ1 ・酢        大さじ1 ・ごま油      小さじ1 ・たかの爪     1本 ・サラダ油     大さじ2   【作り方】 1. めんつゆをつけ麺用にうすめ、酢とごま油を混ぜておきます。 2. たかの爪は種とワタを取り除き半分に切り、牛肉は食べやすい大きさに切ります。 3. なすは縦半分に切り、皮の部分に2~3㎜間隔で斜めに切り込みを入れ、水にさらしてあく抜きをします。 4. フライパンにサラダ油とたかの爪を入れて熱し、中火で牛肉を炒めます。 5. 肉の色が変わったら、水をきったなすを加え炒め合わせます。 6. なすがしんなりしたら酒、醤油、砂糖を入れて混ぜ、火を止めます。 7. ゆでたそうめんを器に盛り、⑥を乗せて①を注げば出来上がりです。 ※お好みで小口切にした細ねぎや千切りにした大葉やみょうが、すりごま等をトッピングしてお召し上がりください。

お魚レシピ

2019.6.21

海鮮かた焼きそば

“色鮮やか”  “簡単料理”  “美味しい” の三拍子そろった『海鮮かた焼きそば』 パリパリのかた焼きそばの食感に魚介の旨味がたまらないレシピです♬ 材料【2人分】 かた焼そば      2玉 むきエビ       10尾 スルメイカ(胴)   1/2杯分 帆立貝柱       4個 長ねぎ        1/2本 にんじん       1/2本 白菜         3~4枚 しょうが       1かけ サラダ油       大さじ1 【合わせ調味料】 ・鶏ガラスープの素  小さじ2 ・水         300cc ・酒         大さじ1 ・醤油        大さじ2 ・オイスターソース  小さじ1 ・砂糖        小さじ1 ・塩、こしょう    少々 ・水溶き片栗粉    片栗粉(大さじ1と1/2)+水(大さじ3) ・ごま油       小さじ1   【作り方】 1. イカは皮をむき、身の内側に斜めに切れ目を入れて食べやすい大きさに切ります 2. 帆立貝柱は半分に、むきエビも大きければ半分に切ります。 3. 長ねぎは斜め薄切りにし、にんじんは3~4㎝の長さの短冊切りにします。 4. 白菜は1枚ずつ外して3~4㎝に切りそろえ、しょうがはみじん切りにします。 5. 合わせ調味料を混ぜておきます。 6. フライパンにサラダ油を熱し、しょうがを入れて香りを立たせます。 7. イカ、帆立、エビを入れて炒め、色が変わったら、白菜にんじんを加えます。 8. 野菜がしんなりしたら合わせ調味料を注ぎ、強火で1分程煮ます。 9. 水溶き片栗粉を加えて手早く混ぜ、とろみがついたら火を止めます。 10. 仕上げにごま油を回し入れて完成です。 ※シーフードミックスを使えば簡単に作れます。

お肉レシピ

2019.6.18

七面鳥の丸焼き

アメリカではクリスマスや感謝祭には欠かせない『七面鳥の丸焼き』 日本では馴染みはありませんが、作ればテーブルの主役間違いなし! 材料【1羽分】 ・七面鳥       1羽 ・玉ねぎ       大1個 ・セロリ       1本 ・にんじん      1本 ・お好きなハーブ   ローズマリー、タイム等たっぷり ・塩、こしょう    適量 ・バター       大さじ3~5 【作り方】 1. 冷凍の七面鳥は袋の指示に従い冷蔵庫で解凍し(2~3日かかる場合もあります)、下準備の前に取り出して常温にしておきます。 2. お腹の中にあるもの(袋に入ったもの)全てを取り出し、中も外も水でよく洗い、キッチンペーパーでしっかりと水けをふき取ります。 3. 塩、コショウを全体にふりかけて、外側にも内側にもまんべんなくすり込みます。 4. 適当な大きさに切った野菜とハーブをお腹の中に詰め、七面鳥の脚と翼をたこ糸で十字にしっかりと結びます。 5. とかしバターを表面に塗り込み、アルミホイルをかぶせて、200度に予熱しておいたオーブンで2~3時間、中まで火が通るまでじっくりと焼きます。 6. 焼き上がったら30分程置いて完成です。 ※七面鳥が手に入らない場合は、鶏肉でも同様に作ることができます。  

お魚レシピ

2019.6.18

恵方巻き

節分の日に食べることが多くなった『恵方巻き』 その年の恵方を向いて食べることがルールの一つです。 また、食べ終わるまで無言で食べるのもルールです。ご家族で同じ方向を向き、黙々と食べている動画を撮るのも面白いですよ(^^)/ 材料【2本分】 ・すし飯        茶碗2杯程度 ・焼き海苔(全型)   2枚 ・まぐろ        50g程度 ・サーモン(刺身用)  50g程度 ・鯛(刺身用)     50g程度 ・きゅうり       1/2本 ・卵焼き        卵2個分   【作り方】 1. まぐろ、サーモン、鯛、きゅうり、卵焼きは1㎝角程度の棒状に切ります。 2. 巻きすの上に、海苔1枚をツヤのある面を下にして横長に置きます。 3. 海苔の上に、奥を2~3㎝あけて茶碗1杯分のすし飯を均一に広げます。 4. ③の上にまぐろ、サーモン、鯛、きゅうり、卵焼きを乗せ、手前の巻きすを持ち、具を手で押さえ込みながら手前と奥のすし飯の両端を合わせるように一気に巻きます。 5. 巻き終えたら、巻きすごとギュッと締めて形を整えます。 6. 巻きすからはずし、巻き終わりを下にしてしばらく馴染ませたら完成です。 ※具は、手前から1/3程度の位置に乗せると巻きやすくなります。巻くときには、少し強めに具を締め付けるように巻くのがポイントです。

お肉レシピ

2019.6.14

牛タンのシチュー

寒い時期に温かい牛タンのシチュー。ホロホロに柔らかくなった牛タンにデミグラソースの旨味が合わさり、ホッとするレシピです。 色合いも良く記念日の料理に最適です♬ 材料【2~3人分】 ・ 牛タン(下茹で済み)  400g ・ 玉ねぎ         2個 ・ にんじん        1本 ・ にんにく        1片 ・ デミグラスソース    1缶(250g~300g) ・ トマトジュース     100g ・ 赤ワイン        カップ2 ・ ローリエ        1枚 ・ 塩、こしょう      少々 ・ 生クリーム       適量 ・ 付け合わせ用の彩野菜  適量 【作り方】 1. 牛タンは1.5㎝~2㎝の厚さにスライスし塩、こしょうをしておきます。 2. 玉ねぎとにんじんは小さめの乱切りにします。 3. 鍋にサラダ油とみじん切のにんにくを入れて弱火で加熱します。 4. にんにくの香りが立ったらたまねぎとにんじんを入れて中火で炒めます。 5. 玉ねぎの色が透き通ってきたら、牛タンのスライスといれ軽く焼き目をつけます。 6. ④に赤ワイン、トマトジュース、ローリエを加えて弱火で1~1.5時間煮込みます。 7. 牛タンとローリエを取り出し、残りはミキサーにかけます。 8. 鍋にミキサーにかけたスープと牛タンを戻し、デミグラス缶を加えて弱火で20分程に煮込みます。 9. お好みの彩野菜と一緒に盛り付けて、生クリームを回しかけたら完成です。 ※圧力鍋を使うと項目⑥の加圧時間は20分程でOKなので時短になります。

その他のレシピ

2019.6.11

おせち料理の一品 ~お煮しめ~

お煮しめは、とても縁起が良い食べ物として、昔からお正月には欠かせない料理。 旬の食材を同じ鍋で煮ることから、“一族の仲良く、末永く繁栄しますように” と願いが込められていると言われています。 【材料】 作りやすい分量 ・にんじん     1本 ・里芋       小6個 ・ごぼう      1本 ・れんこん     1節 ・生しいたけ    6枚 ・こんにゃく    1枚 ・絹さや      適量 ・だし汁      カップ4 ・酒        大さじ2 ・砂糖       大さじ3 ・みりん      大さじ2 ・塩        小さじ1/2 ・醤油       大さじ3   【作り方】 1. にんじんは皮をむき、5~6㎜の厚さの輪切りにして梅の型で型抜きします。 2. 里芋は皮をむいてしばらく水につけておきます。 3. ごぼうは皮をこそげ落として洗い、乱切りにして水にさらし、水気を切っておきます 4. れんこんは皮をむいて乱切りにし、椎茸は軸を取り除き、花の飾り切りにします。 5. こんにゃくは5~6㎜の厚さにきり、中央に切り込みを入れて片方をくぐらせ手綱こんにゃくにします。 6. 鍋に①~⑤を入れ、だし汁、酒、砂糖、みりんを加えて強火にかけ、沸騰したらアクをとりながら中火にして、落し蓋をして20分程煮ます。 7. 醤油を加えて弱火で30分程煮含めます。 8. ⑦を重箱に盛り、ゆでた絹さやをあしらい完成です。 お煮しめは彩も鮮やかで、一つ一つの食材に縁起の良い意味を持ちます。 ご家族で、食材の意味を話しながら食べると、お正月からホッコリとした気持ちになれますよ!(^^)!