HOME > 記事 > ピーターパンブランド“紅鮭“

  • 記事
  •  2019.3.27

ピーターパンブランド“紅鮭“


 

キャプテンフーヅが自信を持ってお届けする“ピータンパンブランド”の紅鮭です。

“ピータンパンブランド”の紅鮭とは...?
ピータンパンとは、㈱マルハニチロホールディングスの子会社である、旧ピーターパンシーフーズ社が提供している、最高級ブランドの天然紅鮭です。

【安心・安全の紅鮭】

旧ピーターパンシーフーズ社の加工場は民家や他社工場のない大自然の中に唯一あるのため、人口汚染がなく優先的に鮮度の良い天然紅鮭を確保できます。

【素材のこだわり】

現地の紅鮭はユーコン河のみに遡上しますが、その支流で漁獲されたものを“ローカル物”、ユーコン本流で漁獲されたものを“ブリストル物”と呼んでいます。ローカル物の方が脂の乗り、身質、魚体の大きさも良いとされています。その“ローカル物”の中でもピーターパンブランドの紅鮭は最高ランク天然紅鮭のみを使用しています。

【鮮度のこだわり】

前日に入れた網を翌日の朝には揚げ、当日のお昼までにはドレス(頭、内臓取り)加工をし、一尾一尾真空パックし、急速凍結しています。ここまでの処理を現地加工場で迅速に行いことにより、鮮度落ちはなく、新鮮で美味しい天然紅鮭を世界中に出荷しています。

【世界トップブランドの紅鮭】

これほどまで拘りをもって加工できる工場は世界でも稀で、鮮度、味、身質、脂質は、獲れたての天然紅鮭そのもの!
“ピーターパンブランド”は水産業界で大変人気があり、世界最高級の天然紅鮭と評価されています。

【キャプテンフーヅの加工】

キャプテンフーヅの紅鮭は“ピーターパンブランド”の天然紅鮭のみを使用しております。半解凍された紅鮭を手際よくセンターカット(二枚割)し、切口は広めに取らずに、身を厚く切っています。
身を厚く切ることにより、焼いた際の仕上がりが、ふっくらとホクホクになるためです。
また、身厚に切ることにより、冷めても口当たりが良く、美味しさもそのままに保てます。焼きたてはもちろん、お弁当やおにぎりにも最適です。

【最高級の天然紅鮭をご家庭で】

身厚に切った天然紅鮭を、モンゴルの天然塩、天外天塩に24時間漬けこみ、天然紅鮭の美味しさを最大限に引き出しています。パックは一切れずつ真空パックしてありますので、使いたい分だけを使用できるよう工夫されています。
この機会に是非、世界最高峰の“ピーターパンブランド”の天然紅鮭をご家庭でお楽しみください。

 

【紅鮭の切身の美味しい焼き方】

天然紅鮭の切身の美味しい焼き方をご紹介します。

紅鮭
Point① 紅鮭の切身は半解凍のままグリルで焼いてください。切身に少々のお酒を馴染ませるとふんわりと仕上がります。
また、焼く3~4分前に魚焼きグリルを温めておくと、身がくっつきにくくなります。

 

Point② 切身をグリルに乗せる時は、背の方を奥、お腹の方を手前に乗せてください。 これはグリルの性質上、奥が高温で手前が低温になるためです。
身厚で脂分の少ない背の方は高温で、身薄で脂分が多いお腹の方は低温で焼いてください。 
中火で焼き時間は約8分ほどが目安です
片面焼きグリルの場合は、片面を3~4分。 ひっくり返して4~5分ほどが目安となります。

 

Point③ 焼き終えたら火を消し、1~2分蒸らしてください。 これは遠赤外線を利用して、身の中まで熱を通すためです。外目はパリッと中身はふっくらとホクホクに仕上がります。
キャプテンフーヅの天然紅鮭は甘塩で加工してありますので、お醤油などはかけずに、そのままお召し上がりください。